今の日本のAカップの割合は知っていますか?Aカップの割合がヤバイ

今の日本のAがカップの割合をあなたに教えたいと思います。

 

Aカップ女性は要注意の情報です!知らなきゃピンチ!

 

早速ご紹介したいと思います。

 

トリンプのブラの売り上げでわかるAカップの割合

みなさんご存知だと思う”トリンプ”

 

トリンプでAカップのブラの売り上げは1980年で全体の6%ありました。

 

2015年でAカップは全体の4%ほどに減ってしまいました。

 

これからわかるように今日本の全体の4%しかAカップ女性はいません。

 

逆に少なくて希少だからラッキ〜と思う女性はなかなかいないと思いますけど。

 

1980年〜2015年にかけてのバストの変化

なぜこのような事が起こってしまったのかといいますと

 

  1. 食の欧米化
  2. ブラの試着が増えた

 

この2つが主な原因と言われています。

 

食の欧米化

11980年ではご飯を主食にし、和食をメインに食べていました。

 

ですが年々、ジャンクフードやパンなどの欧米食が日本に流行り

 

食が欧米化することで、体も欧米化してきたために、バストが年々大きくなってきています。

 

ブラの試着をする人が増えた

昔よりも今はブラを試着してから購入する人が増えたため

 

自分ではAカップだと思っていた女性でも、本当はB〜Cカップあったということが

 

試着してわかった!という女性が多いです。

 

長年Aカップのブラを購入していたけど、結局はCカップなんてよくある話ですからね!

 

FカップがAカップを超えた

これまではFカップよりもAカップの女性の割合が多かったのですが

 

2014年にFカップが全体の6%

 

Aカップが全体の5.3%になり

 

Fカップの方が割合が大きくなり、Aカップが1番少ない割合になってしまいました。

 

これは年々Aがカップが少なくなっていくということがデータでも証明されています。